2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笹蔵湿原~岩黒山 (4月30日)

私が山に入ったのは7年前の4月29日に皿ケ峰がデビューでした。
子供の頃は山で育ちましたので山を駆け回っていたのですが、大人になってからはもっぱら海が良くて殆ど山には足が向いていませんでした。
40歳前にテニスに出会いテニス三昧の日々を過ごしていましたが、飽き性の私は55歳になる頃には他の楽しみを考えるようになって56歳頃に写真に興味を持ってシャッターを切っていましたが、本格的に覚えるのに1年も掛かりその頃に山に登るようになりました。
今でも覚えていますが皿ケ峰の山頂に到着したのは風穴を出発してから1時間半以上掛かっていました。
数歩歩いては立ち止まりの繰り返しでしたが、このしんどさが山にのめり込んだきっかけだったような気がします。
今では風穴から30分きって上がり、8年目のスタートも金山橋から湿原まで53分と始めたころからは想像できないような歩き方をしています。
ここ3年程はフリークライミング三昧ですが健康の為山歩きは続けていこうと初心の頃を思い出して心に誓った。
 <笹蔵湿原の手前の小さな沢・・・昔は山葵を栽培していたようだ>
1_2016050213024295f.jpg
 <笹蔵湿原の様子・苔の元気は今一です>
2_20160502130244b22.jpg
 <苔に氷が???>
3_2016050213022638d.jpg
 <苔のウエーブ>
4_20160502130227afa.jpg
 <少し水が堪っていた>
5_2016050213022965d.jpg
 <岩黒のアケボノツツジも後何日かでピークを迎えるでしょう>
6_20160502130230e65.jpg
 <隙間から石鎚>
7_20160502130232c16.jpg
8_2016050213020671a.jpg

9_20160502130208dc3.jpg
 <大森山のピークもアケボノツツジがちらほら>
10_20160502130209c8f.jpg
 <ピーカンでは面白くないな>
11_2016050213021127f.jpg

笹蔵湿原 4月17日

17日日曜日はお天気も回復するとの事で8時は過ぎていましたが石鎚スカイラインに向かって走る。
四国の道路を走って感じるのは杉林が多いことだ、先日岡山を車で走っていると新緑が目に付いたものだ。
石鎚スカイラインに入るとミツバツツジが咲いていた。
面河側から入って9.9Kの所に金山橋が有り、その手前の右側から入っていく。
 <笹蔵湿原の入り口>
1
 <入り口から約10分の所に沢があり設置されていた橋は倒壊している>
2
 <約15分歩いた所の右側に看板(笹蔵湿原)があり、そこからが登山道になる>
3

笹蔵湿原に入るのは今年に入って初めてですが、4月の初めのスカイライン開通から誰も入っていない様子、猪がミミズを探して登山道も穴だらけになっているところもある。
 <登山道にあるブナの大木>
4
 <誰が命名したか<セクハラの木>、巻かれた木は寿命を終えているようだ>
5
人間社会においてはセクハラは男性が話題に上がるが、生きる力は女性のほうがしたたかですのでセクハラの木は女性でなないかと私は感じた。
 <登山道に横たわる倒木・・・何年か前より荒廃は進んでいる>
6
金山橋から1時間と2分を過ぎた頃に五右衛門風呂桶が置いてある沢に着いた。
昔はこの沢は山葵の栽培をしていたようですが、この五右衛門風呂桶をここまで担ぎ上げた昔の人は本当に偉い?ですが昔は馬や牛が力仕事をしていたのでその力を借りていたかもですね???
 <源流の沢>
7
沢から5分トラバース(少し下る・標高にして20m)して笹蔵湿原に到着である。
 <手前から>
8
 <上から・樹木に春は芽吹き>
9
 <奥より・コケは少し茶色がかっている>
10
 <太陽の光芒を入れて広角11mm>
11
 <おまけ>
12

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

スローシャッター

Author:スローシャッター
山に魅了されて稜線を歩くことが大好きになりました、足がいつまでも元気であれば何処までも・・・趣味の写真もあっと驚く風景が撮れれば感無量ですが、まだまだこれからです。

カウンター

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

山歩き

山歩き 2011年度 (19)
朝日  2011年度 (0)
夕日  2011年度 (1)
桜名所 2011年度 (0)
その他 2011年度 (5)
クライミング 2011年度 (5)
山歩き 2010年度 (38)
朝日 2010年度 (0)
夕日 2010年度 (4)
桜名所 2010年度 (1)
その他 2010年度 (18)
クライミング 2010年度 (8)
山歩き 2009年度 (0)
写真 2012年度 (9)
山歩き 2012年度 (30)
クライミング 2012年度 (8)
その他 2012年度 (8)
山歩き 2013年度 (27)
クライミング 2013年度 (12)
その他 2013年度 (5)
山歩き 2014年度 (19)
その他 2014年度 (12)
山歩き 2015年度 (17)
クライミング 2015年度 (7)
その他 2015年度 (9)
山歩き 2016年度 (7)
クライミング 2016年度 (3)
その他 2016年度 (1)

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。