2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再度の富郷渓谷のクライミング

14日の石鎚登山の疲れが残っていますが、今日は富郷渓谷(8月1日掲載)のクライミングです。
前回は25Mのオーバーハンクを練習していましたが今回は40Mのコースを含めてのの練習です。

到着早々、25Mの2ルートをリードで取り付きますが、登ることはなんでもないのですが、細かなミスが目立ちます、危険を伴う事ですので慎重に安全確保をやらなければいけません。
私たちが教えて頂いてるS先生は50年の経験があり、<安全確保を完全にしているから今生きている>とおっしゃっていました。
危ないことは事実ですが、基本をきっちり守っていけばこんな楽しいことはありませんので、長く続けたいですね。

今日の目的である40Mの所は、先生のリード、私たちはトップロープで二人同時に登攀、Mさんが先行私がしんがり、段々高度があがるとさすがに怖いのでなるべく下を見ないようにしてなんとかして上部に辿り着く。

上部に上がると安全確保をして懸垂下降の準備、この高さからの懸垂下降は、大変迫力あります、自衛隊で練習しているようなカッコ良い下降は出来ませんが気持ちはそれなりになっていました・・・・。

残念なのは一眼デジタル(7D)は重いので岩登りで持ち歩くのは不可能で今回は登攀途中・上部での撮影ができませんでしたので、次回のクライミングではコンパクトカメラを持参して迫力あるショットを撮れれば良いかな!


<左側の高さ40M:比較的にやさしいコース>
3_20100817151756.jpg

<せり出したオーバーハンクにリードで:S先生>
1_20100817151757.jpg

<オーバーハンク立つ:S先生カッコいいね!>
2_20100817151756.jpg

私たちもトップロープではあるがこのオーバーハンクを登り切る、上部の足元に蜂の巣があり刺激しないようにそろりと退散(懸垂下降で)


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roomofrest345.blog129.fc2.com/tb.php/39-264325e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アズ壁の夕暮れ «  | BLOG TOP |  » 面河からの石鎚登山 (2010年8月14日)

プロフィール

スローシャッター

Author:スローシャッター
山に魅了されて稜線を歩くことが大好きになりました、足がいつまでも元気であれば何処までも・・・趣味の写真もあっと驚く風景が撮れれば感無量ですが、まだまだこれからです。

カウンター

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

山歩き

山歩き 2011年度 (19)
朝日  2011年度 (0)
夕日  2011年度 (1)
桜名所 2011年度 (0)
その他 2011年度 (5)
クライミング 2011年度 (5)
山歩き 2010年度 (38)
朝日 2010年度 (0)
夕日 2010年度 (4)
桜名所 2010年度 (1)
その他 2010年度 (18)
クライミング 2010年度 (8)
山歩き 2009年度 (0)
写真 2012年度 (9)
山歩き 2012年度 (30)
クライミング 2012年度 (8)
その他 2012年度 (8)
山歩き 2013年度 (27)
クライミング 2013年度 (12)
その他 2013年度 (5)
山歩き 2014年度 (19)
その他 2014年度 (12)
山歩き 2015年度 (17)
クライミング 2015年度 (7)
その他 2015年度 (9)
山歩き 2016年度 (7)
クライミング 2016年度 (3)
その他 2016年度 (1)

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。