2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鎚山系 6月14日~15日

前の週の反省点を踏まえてリハビリハイキングに石鎚山系にやってきました。
久しぶりの長距離を悪戦苦闘で帰り着き、腫れ上がっていた足も全快ではないが来月から中央へ向けてのトレーニングに精を出さなければと反省点も含めてまずは瓶ヶ森へ・・・・。
歩くついでにミツバツツジでもとカメラを持っていくがお目当てのお花は殆ど終わっていました。
 <殆ど終わっていたミツバツツジ>
1

土小屋でのんびり山歩さんに出会い情報は聞いていましたがその通うり・・・・今年の花付はよかったのに残念でした。
男山から女山を周回しても1時間半程度、物足りなさを感じて子持ち権現の鎖場を鎖に頼らず上りだすが、3分の2くらいのとこから足場が効かなくて鎖に頼ってしまった。
土小屋の駐車場に帰り夕日の状態を見ていたが期待はできそうにないので、とりあえずのんびり山歩さんが撮られている伊吹山の林道に向かった。
石鎚方面は夕方に近づくとガスが取れて見え出すが、太陽の沈む方向に厚い雲があり艶やかなm夕日にはなりませんでした。
 <石鎚山の夕日>
3

2

今夜の泊りは土小屋駐車場、のんびりさんもすぐ近くに・・・。
のんびりさんは夜中に出発して朝日を狙うとのこと、私は歩きが目的なので早朝出発。
1時間おきに目が覚め夜が明けるのを待って出発です。
東陵の分岐までは50分程度、人がいない明け方の登山道を歩くのがとても気持ちが良い!!
 <第二ベンチ付近から>
4

分岐で朝露をさけてカッパの下を履くがその必要はなかった。
矢筈岩を越してシャクナゲの花を探すが殆ど落ちていた、やはり先週までだったか。
カニのヨコバイまで来るとイワカガミががちらほら、南先峰から天狗岳まで歩くが、イワカガミしか見えない。
 <イワカkガミ>
5
 <土古屋方面>
7

広島から来てた若者3人組と少し話をしてから弥山に辿り着く、頂上小屋のHさんに挨拶して下山する。
 <先週歩いた二の森方面>
8
 <天狗だけ>
9

石鎚の上りは何ともなかったがやはり下りで少し足が張ってきた・・・・約、5時間のトレッキングだがまだまだ安心できる状態ではなかった。
とりあえず、今週末には面河から石鎚山頂へ登ろうと思っています。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roomofrest345.blog129.fc2.com/tb.php/248-03684145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

石鎚山 6月21日 «  | BLOG TOP |  » 石鎚山 6月7日

プロフィール

スローシャッター

Author:スローシャッター
山に魅了されて稜線を歩くことが大好きになりました、足がいつまでも元気であれば何処までも・・・趣味の写真もあっと驚く風景が撮れれば感無量ですが、まだまだこれからです。

カウンター

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

山歩き

山歩き 2011年度 (19)
朝日  2011年度 (0)
夕日  2011年度 (1)
桜名所 2011年度 (0)
その他 2011年度 (5)
クライミング 2011年度 (5)
山歩き 2010年度 (38)
朝日 2010年度 (0)
夕日 2010年度 (4)
桜名所 2010年度 (1)
その他 2010年度 (18)
クライミング 2010年度 (8)
山歩き 2009年度 (0)
写真 2012年度 (9)
山歩き 2012年度 (30)
クライミング 2012年度 (8)
その他 2012年度 (8)
山歩き 2013年度 (27)
クライミング 2013年度 (12)
その他 2013年度 (5)
山歩き 2014年度 (19)
その他 2014年度 (12)
山歩き 2015年度 (17)
クライミング 2015年度 (7)
その他 2015年度 (9)
山歩き 2016年度 (7)
クライミング 2016年度 (3)
その他 2016年度 (1)

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。