2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鎚(2月23~24日)

何時もの石鎚です。
朝の9時に自宅(松山)を出発して、ロープウェイに1時に乗って上がるが「山頂直下は氷っているので気を付けてください」との事。
山では皆さんの情報を的確に判断をして歩きますが慣れた石鎚では予想がつきますので心配はありません。
二の鎖まではアイゼンを履かずに登りますが所々危ない場所がありますので履いて上がるほうが賢明です。
今日は、休まず二の鎖までと歩いていましたが、長話する方がいて1時間30分は切れなかったが、順調にいけば1時間30分は切れるかな。(挨拶のみ・・・・知り合いに合えば無理だろう)
二の鎖でからアイゼンを履いて上がりますが、雪洞を掘っているグループを見ますと、RSCGのMさん、冬山講習の接道体験だそうです。
今日(土曜日)は沢山の登山者が歩いているので比較的に安定した足場ですが、三の鎖の上部のトラバース(役15M)の所は足がやっと乗るくらいですのでとても危ない状態でした。
少し足場を広げて上がりますが緊張するところです。
 <三の鎖の上部のトラバース>
12_20130225094851.jpg

 <A角の階段部は荷物が引っ掛かりますので注意>
10_20130225094851.jpg

山頂には誰もいなくてゆっくりしていたら(コーヒータイム)、天狗岳方面からひょっこり・・・・・よく見るとエントツ山さんのお友達のマーシーさんとエントツ山さんです。
二の鎖で他の方に声をかけられたときにエントツ山さんとマーシーさんが東稜にトライしていると聞いていまして、少し時間が遅いので心配はしていました。
二の鎖から東稜の分岐まで1時間40分、何尖峰まで2時間40分、弥山まで5時間弱かかったそうです。
彼達は長崎から山友達が成就に泊まって明日(日曜日)に天狗を目指すことなので、この日は成就で泊まりとか・・・・明日道案内だそうです、とても元気なお二人でした。
彼達が下山して一人ぼっち、二の森方面を見ますと雲が蔓延っていますが夕日は見えそうなので準備をする。
夕日と晩酌は同時進行・・・・今日のおかずはおでん・・・・お酒は500ml・・・・少し酔って夕日を撮りますがあまり焼けない夕日タイムでした。
 <左手前から二の森・鞍瀬の頭。堂ケ森>
1_20130225095533.jpg

 <天狗岳の稜線>
2_20130225095533.jpg

 <夕日に映える弥山の石鎚神社>
3_20130225095449.jpg

 <落陽の時>
4_20130225095448.jpg

夕日を撮り終えるとあたりは暗くなりますがその頃から山頂はガスの中、翌朝までガスに包まれ風の音が睡眠を邪魔していました。
翌朝、5時前に起きて寝床の整理、食事を取りご来光の情景を期待しますが、山頂は相変わらずガスの中。
結局ガスが晴れたのは8時頃、先々週と同じでした。
 <天狗岳の様子>
5_20130225095448.jpg

6_20130225095448.jpg

7_20130225095448.jpg

8_20130225095447.jpg

 <西峰から>
9_20130225094851.jpg

下山開始は9時過ぎ、最初の階段を降りようとしたときに数人のグループ・・・たぶんエントツ山さんご一行だろうと思い狭い階段の所で避けて待ちましたら、案の定彼達のグループ。
 <先頭がエントツ山さん、この後続々と・・・・・>
11_20130225094851.jpg

一言二言言葉を交わし一番緊張するトラバースにかかりますが、橋場を広げた甲斐があって難なく通貨。
後は一目散に成就に向かい、白石旅館で下山届を書き、足早に西の川に向かいます。
 <振り返って>
13_20130225094850.jpg

14_20130225094850.jpg

成就の分岐からは積雪が役15センチ、もう少しあったほうが歩きやすいかな?。
ちなみに西の川の登山口までは1時間10分、下りはさすがに足にきます・・・ガクガクでした。

● COMMENT ●

こんばんは。

2月24日の朝、石鎚山山頂でお会いした者です。当日の記事があるということで間違いないと思うのですが、もし心当たりがないということでしたらごめんなさいです。

あのとき教えていただいた高知県側からの瓶ヶ森へのルートなどこちらで記事にされているので、参考にさせていただきます。また石鎚山へお邪魔したときにお会いすることもあるかもしれませんね。楽しみにしてます。

Re:瓶ケ森ルート

あの時は私で間違いありません、瓶ケ森のルート(子持権現東尾根ルート)は厳冬期に日帰りが楽にできるルートで皆さんにご紹介させて頂きましたが、昔は高知県側からはこのルートを使っていたようです。
スーパー林道が開通してから瓶ケ森がより身近になり、今では殆ど使われていませんでした。
夏期にササ刈りをして歩きやすくしたいと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roomofrest345.blog129.fc2.com/tb.php/181-d31abb25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

堂ケ森~鞍瀬ノ頭 (3月4日) «  | BLOG TOP |  » 冬山雪上訓練

プロフィール

スローシャッター

Author:スローシャッター
山に魅了されて稜線を歩くことが大好きになりました、足がいつまでも元気であれば何処までも・・・趣味の写真もあっと驚く風景が撮れれば感無量ですが、まだまだこれからです。

カウンター

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

山歩き

山歩き 2011年度 (19)
朝日  2011年度 (0)
夕日  2011年度 (1)
桜名所 2011年度 (0)
その他 2011年度 (5)
クライミング 2011年度 (5)
山歩き 2010年度 (38)
朝日 2010年度 (0)
夕日 2010年度 (4)
桜名所 2010年度 (1)
その他 2010年度 (18)
クライミング 2010年度 (8)
山歩き 2009年度 (0)
写真 2012年度 (9)
山歩き 2012年度 (30)
クライミング 2012年度 (8)
その他 2012年度 (8)
山歩き 2013年度 (27)
クライミング 2013年度 (12)
その他 2013年度 (5)
山歩き 2014年度 (19)
その他 2014年度 (12)
山歩き 2015年度 (17)
クライミング 2015年度 (7)
その他 2015年度 (9)
山歩き 2016年度 (7)
クライミング 2016年度 (3)
その他 2016年度 (1)

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。