2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬期の瓶ケ森

二月に入って雪が少ない、週中から雨が雪を溶かしているだろう。
瓶が森にテント泊をすると友達と約束していますので支度をして瓶ケ森に向かう。
昨年の12月から子持ち権現の東尾根ルートをテープ付けをしていますので、この尾根ルートで瓶に登りました。
慣れない尾根ルートを登りますので、同伴者が足を攣るハプニングがありましたが何とか瓶のトイレへ到着しました。
 <子持ち権現東尾根ルート>
名称未設定 1のコピー

風は少しありますがベンチ横にテントを張り、夕景を撮りに瓶ケ森の男山に登りだすが、ガスが出て全く西の方向が見えません、私の定位置の岩場のテラスの手前で待ちますがガスが晴れませんので下りだすとガスが晴れる様子・・・・戻る気分にならないのでテント場に引き返した時に下の谷合がオレンジ色に輝いていた。
慌てて子持ち権現方面に向かい林道より石鎚の㈲景色を撮りました。
 <ひと時の夕景>
1_20130204100505.jpg 2_20130204100504.jpg

3_20130204100504.jpg 4_20130204100503.jpg

5_20130204100503.jpg

夕食は最近よく持ってくる<もつ鍋屋のまるしょう>のもつ鍋のダシと肉・野菜の一式(一人前900円)、日本酒を飲みながら頂く鍋は最高、残った出汁であくる日の昼食も雑炊・・・・大変おいしかった。
早めの就寝をして星を狙いますが、いつもの景色でテンション上がらず再度就寝。

五時前に起きて外を見ますが石鎚はぼんやり見えています、雲海もなさそうだし星空も見えていますのでピーカンの天気では大したものはありません。
せめて、笹原が埋まるほど雪があればいいのですが、先日登った時にはほとんど雪はなかった。
支度を終えて男山に向けて六時に出発、少し気温が低いので雪面はがちがちに氷っていますのでアイゼンをはいて上がります。
岩場のテラスの手前に堂々と鎮座する白骨樹まで登ると東の空がいい雰囲気、今日はここで撮ろう。
ご来光までいろいろポジションを変えてとりましたが、やはり雪が少ない、雲海がない、期待外れではありましたが撮影終了まで楽しませてくれました。
 <ご来光の情景>
6_20130204100429.jpg 7_20130204100428.jpg

8_20130204100428.jpg 9_20130204100427.jpg

10_20130204100427.jpg

11_20130204100426.jpg

12_20130204100341.jpg

13_20130204100341.jpg

14_20130204100340.jpg 15_20130204100340.jpg

16_20130204100339.jpg

17_20130204100339.jpg

18_20130204100241.jpg

19_20130204100241.jpg

20_20130204100240.jpg

21_20130204100240.jpg

22_20130204100239.jpg 23_20130204100239.jpg

撮影を終えるころに友達が上がってきて、雪が少ない男山~女山~ヒュッテを経由してテント場に帰ります。
山頂では東の伊予富士方面に雲海の兆し、赤石方面も雲海に浮かんでいます、風のおさまった山頂でのんびり過して遠うくを眺めて至福の時間を過ごす。
この日は雪も少ないのですが山歩きには最高の日でした。

下山は赤テープの不備を修正して下山しましたので、皆さんどんどん歩いてください。

参考タイム : 寺川登山口~瓶ケ森トイレまで約2時間30分
      : 瓶のトイレ~男山~女山~ヒュッテ瓶のトイレ役2時間半(のんびり歩いて)
      : 瓶のトイレ~寺川登山口役1時間45分

      (寺川バンガローからは上部の登山口までは30分程度、このルートが一番安全です)

● COMMENT ●

こんばんは

瓶ヶ森おつかれさまでした。冬の瓶ヶ森はまだ挑戦したことがありません。いつか行きたいと思っております。1月末頃からの気温上昇はとても残念でした。
むしかえすようですが、1/29宇和島のHさんが撮った写真がすばらしいものだと推測しております。

RE i石鎚

いえぴーさん、コメント有難うございます。
Hさんに29日の夕方電話しましたら予想通り<良いのが撮れたよ>との事でした。
その後あなたのブログを見て、私が夢にまで見た情景でした。
今ではHさんの撮ったものを見たくて宇和島方面に仕事の用事がないかなと考える毎日ですね(笑)。
27日で八丁でHさんとすれ違いましたが、<仕事で週末これなかった>と言われていましたが、仕事を出して下さったお客様に感謝ですかね・・・・。

厳冬期の瓶ケ森ですが、寺川からシラサ避難小屋までは1時間半もあれば行けますし、避難小屋で泊まり3時頃出れば瓶から石鎚が撮れますのでそんなに難しくはないと思います。
       (子持権現の尾根を行けば2時間半~3時間、テントが必要)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roomofrest345.blog129.fc2.com/tb.php/178-57ed55fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご来光を狙ったが(石鎚:2月11日) «  | BLOG TOP |  » 博多から石鎚を訪ねて

プロフィール

スローシャッター

Author:スローシャッター
山に魅了されて稜線を歩くことが大好きになりました、足がいつまでも元気であれば何処までも・・・趣味の写真もあっと驚く風景が撮れれば感無量ですが、まだまだこれからです。

カウンター

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

山歩き

山歩き 2011年度 (19)
朝日  2011年度 (0)
夕日  2011年度 (1)
桜名所 2011年度 (0)
その他 2011年度 (5)
クライミング 2011年度 (5)
山歩き 2010年度 (38)
朝日 2010年度 (0)
夕日 2010年度 (4)
桜名所 2010年度 (1)
その他 2010年度 (18)
クライミング 2010年度 (8)
山歩き 2009年度 (0)
写真 2012年度 (9)
山歩き 2012年度 (30)
クライミング 2012年度 (8)
その他 2012年度 (8)
山歩き 2013年度 (27)
クライミング 2013年度 (12)
その他 2013年度 (5)
山歩き 2014年度 (19)
その他 2014年度 (12)
山歩き 2015年度 (17)
クライミング 2015年度 (7)
その他 2015年度 (9)
山歩き 2016年度 (7)
クライミング 2016年度 (3)
その他 2016年度 (1)

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。