2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九重山系 (大船の紅葉・13日)

12日久住山方面から坊ガツルに入りテントを設置、九州で一番高い(標高)法華院温泉の温泉に入りました。
坊ガツルから歩いて10分、源泉かけ流しの温泉で風呂上がりには生ビール(700円)も飲めます。
私は風呂前に缶ビール(300円)を飲み温泉に入り疲れをいやしました。
 <法華院温泉>
P1040788.jpg

温泉から出ると平治岳に口裂け女のような夕焼けが出没、慌ててコンテジで撮りまくりました。
 <平治岳の夕日>
P1040800.jpg

テントに帰りすき焼きの準備、少し肌寒いのでテントの中でビールを飲みながら食事です。
私は夜中に大船に上がりますので早めの就寝ですが、廻りのテントの方は遅くまで坊ガツルの夜を戸の染んでいたようだ。

夜中の1時前に起きて腹ごしらえをする間に星景を取りますが、中々旨く撮れません。
 <画像は12日にアップしています>

準備も出来てテントを出発したのが2時前、日の出には十分な時間がありますので夜の登山道をゆっくり登ります。
大船の登山道は石が多くて歩きにくいのですが、お天気が続いているので比較的に楽ちんです。
少し風が強い大船の山頂に着いたのが4時誰もいません、防寒着を着てカメラの準備をして日の出を待っていると数個のヘッドランプが上がってきました。

私は日の出より大船の山頂がオレンジ色に焼ける所を取りたいと思っていましたが、雲海が広がるようですので山頂で日の出を待つ事にしました。
 <日の出前・雲海が広がってきた>
1_20121016114731.jpg

 <眠りから覚めるライオン>
2_20121016114732.jpg

日の出がでる方向には黒い雲が帯のようになっていましたので直前に最初の予定の大船の山頂を取るために少し下山、これが失敗でしたね。
どちらか決めて構えないと駄目でした、ポイントを探す途中オレンジに焼けた大船がですが写真ポイントには入っていません。
 <この色で焼けた大船を撮りたかった・・・残念>
3_20121016114655.jpg

大船の紅葉のポイントは山頂直下にある御池廻りです、日の出の時間には太陽に背を向けた状態ですので、山頂にいた数名の写真家の方もポイントに降りてきました。
  <大船の斜面にライオン岩方面の影が>
4_20121016114655.jpg

私も御池周りをウロウロしていましたが写真ポイントに三脚を据えて太陽が登るのを待ちます。

太陽が登ると御池周りの紅葉が一層赤みを帯びて映えます。
相棒が登ってくるまで御池の写真ポイントでじっくり撮りまくりました。
10時過ぎに相棒二人がやってきて御池を出たのは昼も過ぎての事でした。
 <御池から撮影>
5_20121016114656.jpg

6_20121016114656.jpg

7_20121016114657.jpg

8_20121016114657.jpg

9_20121016114617.jpg

10_20121016114617.jpg

11_20121016114617.jpg

12_20121016114618.jpg

13_20121016114618.jpg

14_20121016114619.jpg

15_20121016114536.jpg

16_20121016114536.jpg

17_20121016114537.jpg

18_20121016114537.jpg

19_20121016114538.jpg

20_20121016114538.jpg

21_20121016114454.jpg

22_20121016114454.jpg

山頂に着いてから8時間以上いましたので少々疲れ気味、写真も撮り飽きたので下山開始です。
 <段原方面>
23_20121016114454.jpg

帰りに米窪により御鉢から大船に伸びる斜面を見ましたが紅葉は少し早かったようです。
 <米窪から大船山頂>
24_20121016114455.jpg

段原分岐には沢山の人、私たちは坊ガツルに向けて早足で下山です、待っているのは温泉・・・・。
早めの温泉は誰もいなくてお湯も綺麗?(大勢いたらお湯が????).

温泉を出て食堂に行き生ビールを飲む   ウマッ   風呂上がりの生は格別です。

テント場は沢山のテントが増えています、中には大勢のグループが騒いでいたようです。
 <テント場>
26_20121016114456.jpg

私は寝不足で早めの就寝、明日はテントを撤収して三股山へ・・・。

● COMMENT ●

こんばんは。

山頂に8時間以上も居たのですか・・・?
それだけ長い時間居たら、当然疲れますよね。(笑)
それにしても日の出の瞬間の撮影が出来なかったのは残念でしたね。
私も過去に同じような経験をしたことがあります。
登る山は違うかもしれませんが、次回に期待しましょう。

RE :大船の夜明け

失敗が次の糧になればいいのですが、いつも同じことの繰り返しをしているように思いますね(笑)。
ブログ拝見しましたが、ススキの写真素敵でした、上から撮ると中々良いですね。
紅葉の撮りたいポイントも今週を過ぎたら終わりですのでこれからクライミングに力を入れていきたいですね。
tsurikichi の山とお写真楽しみにしていますので宜しく・・・・。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roomofrest345.blog129.fc2.com/tb.php/161-10e8a5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

九重山系 (三股山紅葉)14日 «  | BLOG TOP |  » 九重山系 久住山方面(10月12日)

プロフィール

スローシャッター

Author:スローシャッター
山に魅了されて稜線を歩くことが大好きになりました、足がいつまでも元気であれば何処までも・・・趣味の写真もあっと驚く風景が撮れれば感無量ですが、まだまだこれからです。

カウンター

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

山歩き

山歩き 2011年度 (19)
朝日  2011年度 (0)
夕日  2011年度 (1)
桜名所 2011年度 (0)
その他 2011年度 (5)
クライミング 2011年度 (5)
山歩き 2010年度 (38)
朝日 2010年度 (0)
夕日 2010年度 (4)
桜名所 2010年度 (1)
その他 2010年度 (18)
クライミング 2010年度 (8)
山歩き 2009年度 (0)
写真 2012年度 (9)
山歩き 2012年度 (30)
クライミング 2012年度 (8)
その他 2012年度 (8)
山歩き 2013年度 (27)
クライミング 2013年度 (12)
その他 2013年度 (5)
山歩き 2014年度 (19)
その他 2014年度 (12)
山歩き 2015年度 (17)
クライミング 2015年度 (7)
その他 2015年度 (9)
山歩き 2016年度 (7)
クライミング 2016年度 (3)
その他 2016年度 (1)

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。