2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高爆の滝から西の冠(10月16日)

紅葉の第二弾 : 高爆の滝と西の冠岳までの登山道を散策する。
同伴者は登山クラブのYさんとKさん、Yさんは前回の高爆も一緒でした。

高爆の登山口(7:10)⇒高爆の滝(8:30)⇒高爆の滝上(8:40)⇒二の森~西の冠稜線(9:50)西の冠頂上(11:20)⇒二の森~西の冠稜線(12:50)⇒高爆の滝上(14:10)⇒高爆の滝下14:45)高爆の登山口(16:40)

諏訪の神社で待ち合わせをしてYさんのジムニーで登山口に向かう、途中の林道は前回より整備されていて4輪駆動車じゃなくてもゆっくりだったら行けそうです。
登山口に車はありません、この時期に誰も来ないのかな?、早速準備して高爆へGO。

登山道は多少荒れていますが慎重に歩けば問題はありません、何事もなく高爆の滝下へ到着、日が当っていない滝は写真にはならないので滝の右側の難所を登ります。
私たち3名はクライミングの経験者、多少フウフウは言いますが難なくクリア、滝上に上がってこれからが初めての登山道?
登山道ではありません、ササ藪ばかりで尾根を二の森側よりに上がる所に赤テープの印、とりあえず赤テープを頼りに前進します。
 <稜線の白骨樹>
1
約2時間弱で滝下から稜線に到着、西の冠に石鎚山そして石鎚連法がくっきり見えます。
望遠で弥山の山頂を見ますと人がまばら、天狗岳の紅葉も先週は見ごろでしたが終わるのはあっとゆうまです。
 <石鎚連峰:左から弥山・天狗岳・南尖峰> 
3
 <弥山をズームアップ>
4
西の冠の西側に辿り着いた所で一服して腹ごしらえ、現在の地図でも西側寄りに高爆の下り登山道はありますが、笹が覆い登山道は人が歩いた形跡がありません、沢ずたいに歩く登山道は消滅したのかもせれません(以前崩壊で通れないとは聞きました)。
 <西の冠岳>
2 
西の冠岳の頂上へは西の尾根から這い上がります、最近こんなとこばっかり歩いています(先週の石鎚:第一ルンゼ直登)、普通の道は物足りないのかな?。
西の冠の頂上は樹木が覆い茂っていて樹木の間から景色が見れますが、頂上に<立ったど~>の感激はありません。
それぞれの記念写真を撮って早々に下山、もと来た道を引き返して高爆の分岐まで少し疲れた足で歩きます、途中土小屋から二の森まで往復の女性の方に行き帰り会いましたが、最近女性の単独登山が増えているそうです。
稜線の分岐からの下りは先ほど登ってきた所を引き返しますが、高爆の滝上まで何かにつかまっていないと駄目な所ばかり、おかげて手袋は穴があくほど酷使していました。

下る事1時間滝上に到着、思っていたより広く安心できます、予定時間も迫ってきていますので滝下を除く為にハーネス、廻りの頑丈な木から支点を二か所、ハーネスに2本のザイルを結んで交代に写真撮影。
130mを越す滝の上部からのカメラ撮影は緊張しまくり、ぐ~と滝の表に体を張りだしたいのですが体制悪く中途半端、次回来る時は可能な限り出れる安全な確保を考えましょう。
<滝上の写真のいろいろ>
5

6

7

8

9

滝上の撮影を終わり滝下に降りる所は、本日最大の難所ですがここも難なくクリア、滝下に降りると滝に太陽の日が当って飛散する水しぶきに虹がかかっていました・・・ラッキー!!!
 <滝下からのいろいろ>
10

11

12

13
登山口までの帰り道はここまでの疲れもあって転ばないように慎重に下山、朝登山口を出発してから9時間半、Yさん・Kさんお疲れさまでした。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://roomofrest345.blog129.fc2.com/tb.php/103-6cbb4140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

皿が嶺の秋色(11月3日) «  | BLOG TOP |  » 石鎚の秋色(10月10日)

プロフィール

スローシャッター

Author:スローシャッター
山に魅了されて稜線を歩くことが大好きになりました、足がいつまでも元気であれば何処までも・・・趣味の写真もあっと驚く風景が撮れれば感無量ですが、まだまだこれからです。

カウンター

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

山歩き

山歩き 2011年度 (19)
朝日  2011年度 (0)
夕日  2011年度 (1)
桜名所 2011年度 (0)
その他 2011年度 (5)
クライミング 2011年度 (5)
山歩き 2010年度 (38)
朝日 2010年度 (0)
夕日 2010年度 (4)
桜名所 2010年度 (1)
その他 2010年度 (18)
クライミング 2010年度 (8)
山歩き 2009年度 (0)
写真 2012年度 (9)
山歩き 2012年度 (30)
クライミング 2012年度 (8)
その他 2012年度 (8)
山歩き 2013年度 (27)
クライミング 2013年度 (12)
その他 2013年度 (5)
山歩き 2014年度 (19)
その他 2014年度 (12)
山歩き 2015年度 (17)
クライミング 2015年度 (7)
その他 2015年度 (9)
山歩き 2016年度 (7)
クライミング 2016年度 (3)
その他 2016年度 (1)

ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。